「求人の応募が少ない…」「面接に来ない…」「採用してもすぐに辞めてしまう…」
そんな人材採用で悩んでいる社長へ…

あなたは人材採用でこんな間違いしていませんか?

これは、本当に起きた話です。

今から約13年ほど前、僕は人材採用の面接官をしていました。人材を採用するということは、会社にとってとても重要な仕事ですし、今後の会社の成長にも大きく関わってくることです。

優秀な人材が獲得できると、今より会社がスムーズに動くので、会社の売上が上がるのも期待できます。しかし、反対に、仕事に対して特に会社の売上を上げるような成果もない、やる気がない人材を採用してしまえば、会社の損失というのはかなり大きくもなります。なので、人材採用には慎重になっていました。

そんなある日、人材採用をしていたときの話です。

当時、採用面接を受けに来た人の中には僕が質問したことに対して、こんなふうに答える人がいました。

「御社に入って、勉強させていただきたいと思っています」「今までこんなにすごい役職についていたので、もっと高い給料で雇ってほしいです」「今までこんな実績を残してきたので、いいポジションで雇ってください」

など、どれもこれも聞く限りでは、勉強させてくださいと言う人は真面目そうだし、過去の実績や就いていた役職などを聞けば、とても素晴らしい。

「そんな人が、うちの会社に入ってきたら
同じように成果を出してくれるだろうな…」

そういうふうにも思いました。

ところが、いざ仕事をさせてみると…

面接の時に話していた内容とは全く違い、なぜか仕事ができないのです。面接では、あれだけ自信満々に自分を高く売っていたにも関わらず…成果が出ません。

例えば「今日中に、ここの取引先に電話しておいてね」と言うと。「はい!」と元気よく返事をしたにも関わらず。次の日になって「昨日、お願いしていた取引先への電話はしてくれた?」と聞くと、

「あっ、忘れてました…」

と、言うのです…。まぁ、一度ぐらいの失敗は多目にみようと、「じゃあ、今日中には絶対よろしくね。絶対だよ!」と、念を押したところ、彼も反省したようで、手帳にしっかりと赤ペンでメモをしながら 「すみません。今日は絶対にやります!」と言ってくれたのです。

そして、次の日になって、僕はもう一度彼に聞きました。

「昨日のどうだった?」すると、彼は「あっ、忙しすぎて忘れていました…」と言うのです。これには、僕もショックを隠せませんでした。しかも、これは今回だけではなく、その後も何度も続きました。

面接で話していたことを、そのまま信じて採用してしまった僕は、その後、会社に大きな損失をもたらすことになったのです…

あなたにも、こんな経験はないでしょうか?

面接の時は、とても愛想もよく、過去の実績も良いしやる気もありそう。そう思って、いざ採用して実際に働いてもらうと仕事ができなかった…という経験が。

正直、このとき僕は…

「騙されたな…」と、感じました。

young asian businessman on white background

あなたが、どんなに人材採用で優秀な人材を採ろうと必死になっていても、いざ採用して実際に仕事をさせてみたら、

「全く仕事ができない…。」「成果も出ない…。」「思うように動いてくれない…。」

このような状態になれば、採用にかかったコストの割には会社の売上は上がりませんし、他の社員の足も引っ張ることになります。
むしろ、期待していたものとは逆の事態を招いてしまうことだってあるのです。

それだけではありません。

当時の社内の雰囲気ときたら、それはもう毎日ギスギスしていました。他の社員からは「何であんな人をそのままにしておくんですか?」「期待はずれだったんじゃないか」「性に合わない」「あの人のこと嫌いなんですよね」などなど、経営層への風当たりは日に日に強くなっていったのです。

「あー!もう、めんどくさい!」

僕のこの時の感情は「めんどくさい」「失敗したな…」「騙された…」という気持ちでいっぱいでした。もちろん、そういう人を採用してしまえば会社への損失は大きくあります。直接的に言えば、その人に対して高い給料を払っているので、その給料に見合ったような成果が得られません。すると、会社の売上も上がることはありません。

そして、もしその人が短期間で会社を辞めてしまったとしたら、その人にかかった採用コストは全く無駄になってしまうのです。それに、そういう人がいるのが原因で、それを何とか解決しようと人事や役員までもが動くのですが、それにかけた時間と言ったら本当に無駄でした。

なぜなら、やる気のない社員のために何の生産性も生まないような事に多くの時間を割き、どれだけ頑張ったとしても売上が上がるワケでもないですし、もちろん利益も生まれないからです。

たったこんなことで、
貴重な「あなたの時間」を失うのは
バカらしいと思いませんか…?

会社の売上も上がらない。利益も上がらない。そんなビジネスの本質とは関係ない所で、会社にいる他の社員へのパフォーマンスの影響や、人事や役員までの時間の大部分が取られてしまうという事は、とてもバカらしいのではないでしょうか?

どうすれば「優秀な人材」を
獲得できるのか?

question

では、一体どうすれば人材採用での失敗を減らし、”優秀な人” を採用することができるのでしょうか?

正直、100%失敗しない。と、いうの無理でしょう。しかし、その確率を減らすのはできます。

例えば、あなたが何か料理を作ろうと考えているとします。

その時に、すでに決められたレシピの手順通りに作っていけば、同じような味で料理を完成させることができるでしょう。しかし、最初から自己流で作れば、レシピ通りにはいきませんよね。

これは、採用でも同じことが言えるのではないでしょうか?

すでに決められた、優秀な人材を採用するための流れがあり、

✓「優秀な人材」を採用するにはどうすればいいのか?
✓どこに気をつけて採用をすれば「優秀な人材」が採用できるのか?
✓採用で一番重要なポイントは一体何なのか?

と、いうことを最初から知っていて。その通りにやれば成果は出るはずですよね?しかも、一番手っ取り早くて簡単なのは、すでにその方法を知っている人から学ぶということです。

では、一体誰の採用プロセスを使えば
「優秀な人材」を採用することができるのか?
それは、、、

こんにちは。僕の名前は、池本克之です。

今までに2社の企業を100億円企業にまで成長させ、そのどちらも株式公開するまでになりました。100億円企業に成長するということは、会社が成長する度に人が必要ですから、今まで何人もの社員を採用し続けてきました。その中では「失敗したな…」と思う採用もありましたし、その反対に、とても優秀な人材を採用するのに成功したことも何度もあります。

そんな中で、人材採用を繰り返しているうちに僕はあることに気づきました。それは、失敗する人材採用と、成功する人材採用には「明確な違い」があるな。と、いうことです。

それからと言うもの、僕はその方法でたくさんの優秀な人材を採用することに成功しました。そのおかげで、

✔ 会社の売上は上がりました。

✔ 今まで手を付けられなかった仕事を任せることもできたので、社長である僕の時間が空くようになりました。

✔ そして、もっと重要な仕事に手を付けることができるようになったのです。

✔ 今までよりも仕事がスムーズに進むようになり、他の社員にも気持ちの余裕が出て、社内の雰囲気はとても良くなりました。

僕は、この経験を経たあと、コンサルタントとして活動する中で、関わってきた会社の中には「人材採用」で悩む社長がとても多いことに気付きました。そして、色々な社長から「人材採用のノウハウを、教えてほしい!」と頼まれる機会が増えるようになったのです。

彼らが言うには、市場に出回っている書籍は

「良い人材がほしければ働きやすい環境作りが必要だとか、教科書的な内容しか記載していない」「言っていることは分かるけど、実践ではまったく役に立たない…」「取るべき対策や改善策としてのアドバイスはとてもすぐできるようなものではない…」

と、言うことでした。

そんな社長の悩みを聞いてアドバイスをしていくいうちに、今まで人材採用の連続だった中で学んだ失敗や、成功の経験を活かして「失敗しない人材採用の方法」を僕なりに体系化していきました。

そして「究極の人材採用の方法」が形になったものが、コレです、、、

スクリーンショット 2014-12-16 23.31.27完成版オーディオ画像1

この音声教材では、今までに2社の企業を100億円企業にまで成長させ、その過程で実際に人材採用に関わってきた僕が「どうすれば、優秀な人材を集めて採用することができるのか?」について、優秀な人材を集めて採用するための手順や、僕自身が導き出した方法を実際に僕の声でこと細かに収録してあります。

これを聴くことで、、、

優秀な人材を獲得する方法がわかるので
採用コストを無駄にしなくて済む

この音声教材では、小さな会社でも優秀な人材を獲得するための方法が収録されているので、あなたはもう「自分が思っていたような人材とは違った…」というようなことはなくなるでしょう。

それにより、人材を獲得する時にかかるコストを無駄にしなくて済むようになります。

この音声教材を聴き、確実に優秀な人材を獲得する方法を学び実践することで、あなたの会社は今よりももっとスピーディーに成長することができるようになるでしょう。

人材採用で「失敗しない方法」がわかるので
会社への大きな損失を回避することができる

人材採用は、採用した人によって会社への影響がとても大きいと言えます。

なぜなら、優秀な人材を採用することができなかった場合、それにかかる採用コストはムダになりますし。その人が思うような成果を出してくれなければ、採用コストはかかっても会社の売上や利益が上がることはないからです。

しかし、反対に優秀な人材を採用することができれば。

会社の売上は上がりますし、利益も増えます。そして、今いる社員からも「とても助かります」、「良い人が入ってきて本当に良かった」、「良い人を採用してくれてありがとうございます」などと感謝されることでしょう。

優秀な人材を採用する方法がわかるので
仕事がスムーズに回るようになる

この音声教材を聴くことで、優秀な人材を採用する方法がわかるようになるので、今まで手を付けれなかったり、遅れていた仕事がスムーズに進むようになるでしょう。

それにより、仕事に追われていたあなたの時間が空くようになります。そうなると、もっと他の大事なことに手を付けることができるようになるでしょう。それにより、会社が成長するスピードも上がるようになるのです。

売上が上がる

この音声教材を聴くことで「優秀な人材を集めて採用するにはどうすればいいのか?」。「どこに気をつけて採用をすれば、優秀な人材が採用できるのか?」。「採用で一番重要なポイントは一体何なのか?」。などがわかるようになります。

それをもとに実行すれば、優秀な人材を集めて採用することができるようになるでしょう。

それにより、間違った人を取らずに済むので、会社でも成果を出し。会社の売上は上がり、社内の雰囲気も明るくなるでしょう。

「採用してもすぐに辞めてしまった…」
と、いうことがなくなるので、社員が定着する

ほとんどの会社は人材採用で失敗して、その度に社員の入れ替わりが激しく、会社を成長させたいと思っていてもそうもいかないのが現状です。

「どうすれば、優秀な人材を集めることができるのか?」「どうすれば、優秀な人材が採れるのか?」こういった問題は、どこの社長も常に抱えている問題ではないでしょうか。

しかし、この音声教材を聴くことで、優秀な人材を集める方法や人材採用で重要視しなければならないことがわかります。

それにより「採用してもすぐに辞めてしまった…」ということがなくなるでしょう。

「でも、時間が無いからな…」
社長!勉強する時間をつくる必要はありません!

これは、音声教材なので、あなたは少しの隙間時間や通勤中に聴くことができます。DVDのように、長い間パソコンの前に座って見ていなければならない、ということはありません。

あなたもきっと忙しい社長でしょうから、大切な時間を奪わずに隙間時間だけで学習することができます。

まずは試してみませんか…?
安心の90日間完全保証

90 days money back green icon

まずは、今日この音声教材を注文してください。そして、この内容を実際に聴いてみて、この内容をもとに実際に実践してみてください。

しかし、それでも効果がない…そう感じたら、購入日より90日以内に以下の連絡先にご連絡いただければ代金は全額お返しいたします。

連絡先 : customer@pajaposs.com(24時間受付)

優秀な人材を獲得し
立派な会社に変身してください

通常、新卒者1人あたりにかかる採用コストは50万から150万円ほどです。それに、もし人材紹介会社を通じて中途採用をする場合の紹介手数料は、年収の3割程度で年収500万円の経験者を採用すれば、それにかかるコストは150万円です。

しかし、この音声教材は、たったの4,980円(税込)です。

いくら優秀な人材を採用したいと思っていても、間違って即戦力にならないような人材を集めて採用してしまえば、会社にとって大きな損失になります。

それよりも、優秀な人材を集める方法を知り、正しい人材採用のやり方を学んで実践した方が会社にとってもあなたにとってもいいと思いませんか…?

もし、あなたが「もう人材採用で失敗なんかしたくない!」と思っているなら、今すぐこの教材を取り寄せて試してみてください。

(お申し込みから24時間以内に音声のダウンロードページのURLをメールにてお送りいたします。ページにアクセス後音声をお聞きください。24時間経過後もメールが届いていない場合はお問い合わせください)

ikemoto_katsuyuki

池本克之(いけもと・かつゆき) 1965年神戸市生まれ 1988年日本大学生物資源科学部卒 ノンバンク、海外ホテル事業、生命保険代理店営業を 経験。
財務、マーケティング、セールス、人材教育な どを体得する。
その後、通信販売のベンチャー企業の経営に参画。
それまでのノウハウを実践する。
株式会社ドクターシーラボ移籍後、代表取締役として2003年3月ジャスダック店頭公開に貢献。
2003年11月ドクターシーラボを退任。
月商1億円に満たない時代から1年3ヶ月で 月商7億円超に、さらに年商120億円企業へと成長させた。
2004年3月 株式会社ネットプライス執行役員に就任。
公開企業のマネジメント経験を活かし、若いベンチャー企業の参謀役としてカスタ マーサービス、物流、CRM、仕入先開拓等の 機能を統括する。
2004年7月にはマザーズ店頭公開。経営者として2度の上場を経験する。
その後、複数のプロ経営者を経て現在は組織学習経営コンサルタント。
多くの企業の成長をコンサルティングする。
大企業から創業間もないベンチャー企 業に至るまで、継続的に成長する企業経営のアドバイスを行っている。