スクリーンショット 2016-08-02 15.15.40
上場企業2社:ドクターシーラボ、ネットプライスの成長に社長として貢献、 コンサル先のクライアント企業の96.3%を売上アップに導いた池本克之がついに公開、、、

スクリーンショット 2016-05-11 13.41.26

6ヶ月後の業績アップ保証付き
(今から6カ月後の「結果」を100%保証します)

【早期申込ボーナス特典】

①池本克之のグループコンサルティング レギュラー1回参加権
②事業構造ワークショップ1回参加権

これを読んでくれているあなたはおそらく、会社の業績を少しでも良くしようと、毎日一生懸命働くだけでなく、自分を高めるために、いろいろなビジネス書を読んだり、セミナーに参加したり、 人に会ったりすることを惜しまない、一部のとても真面目な人のはずです。

まず、あなたが思い描く、理想の会社とはどんな会社でしょうか?

想像してみてください、、、

あなたの会社の売上は順調に増え、毎年増収増益を繰り返しています。会社の認知度は上がり、 優秀な人材が自然と集まってきます。社員は自発的に働き、 自分でアイデアを出し、そして実行 します。 社員も会社も自動的に学び、成長しています。ライバル会社を次々と打ち破り、業績も順調。 もちろん会社は大きくなり、社会に対してより大きな価値を生み出すことができるようになっているでしょう。

にもかかわらず、 、、

あなたは朝早くから夜遅くまで働く必要はありません。 毎日、会社に行く必要もあ りません。 必要なときに、必要な指示を出すだけです。 後は、社員がすべて分かっ てやってくれます。 週末は家族とゆっくり時間を過ごすこともできるでしょう。

精神的にも経済的にも余裕ができたあなたは、本物の自信を手に入れることができま す。 そんなあなたの周りにはより良い人達が集まり、彼らとのつながりで会社はよ り発展していくことになるでしょう。

・・・あなたは、「そんなことは夢物語だ」と思いますか?いいえ、そんなことはあ りません。

・これらは全て、トップ経営者の視点、ノウハウがあれば手に入れることができることなのです

改めまして、僕の名前は池本克之と言います。僕はかつて、ドクターシーラボ、ネッ トプライスの成長に社長として貢献し、今は大小間わず、さまざまな業種、業界の会 社に対してコンサルテイングを行っています。

96.3%。

これは、僕が今までコンサルやコーチングをしてきたクライアント の業績が改善した確率です。

多種多様な業種において、売上を数倍から数十倍に引き上げることに成功し、なかには 年商100億円規模にまで持っていった事例もあります。そして、ビジネスを100億円 規模にまで成長させるための戦略・戦術のほとんどは、とても単純でシンプルだということです。

正直、どのような業種であっても、適切な手順を踏んで戦術を徹底すれば、年商数十 億円から数百億円にすることは可能です。もちろん、あなたのビジネスにおいても、 です。それは決して、楽して稼げるとか、簡単だとかいうことではありません。ただ、 そこに辿り着くことは決して複雑で難しいことではないのです。

ではいったい、なぜ多くの会社は年商数千万円、数億円程度のまま、いつまでも自転 車操業を続けるのか?その理由は簡単です。その方法を知らないからです。教えても らうことがないからです。つまり、、、

・ほとんどの経営者はトップ経営者が
何をやっているのかを知らされていません

あなたは不思議に思ったことがありませんか?

スクリーンショット 2016-05-11 13.49.59

 

それは、経営者が何をやっているか?の違いです。そう、普通の経営者がやっていることと、トップ経営者がやっていることの聞には決定的な違いがあるのです。

そして通常、普通の経営者は自分でこの違いに気付くことがありません。逆に言えば、この違いに気付くことで、普通の経営者は急速にトップ経営者に近づくことができるのです。

では、いったい普通の経営者とトップ経営者にはどんな違いがあるのでしょうか?

・普通の経営者 VS トップ経営者

普通の経営者は朝から晩まで自ら営業に飛び回っています。売上のほとんどを自分、もしくは自分と一部の優秀な営業マンが稼いでいるので、自分が動けなかったりするとすぐに売上が激減してしまいます。

営業マンを教育しようとするも、結局自分でやった方が早いので、いつまでも忙しく走り回らなければなりません。

ー方、トップ経営者は、自ら営業に出ることはほとんどありません。営業マンのほとんどが、黙っていても自ら動いて注文を取ってきてくれるので、顧客への挨拶やク口ージングの時に時々彼らに同行する程度です。そのため、他の社長業に充てる時間も充分に取れています。

普通の経営者は、新規顧客を開拓するために走り回っているのに、忙しいだけでなぜか思うように利益が出ません。人を増やしてもっとたくさん開拓しようと試みますが、結局、増えた人件費を賄うためにさらに忙しく走り回るという悪循環になってしまいます。

一方、トップ経営者は、顧客からのリピー卜注文がコンスタン卜にあるので売上が安定し、利益も十分に出ています。それだけではありません。顧客からの口コミや紹介が連鎖的に発生し、新規客が入れば入るほど、さらに売上が「積み上っていく」好循環が生まれています。

普通の経営者にとって、自分の会社の知名度がないのは悩みの種の1つです。人材を採用しようにも、なかなか良い人材が集まってきてくれませんし、信用度もまだ低いので、新しい取引先とビジネスを始めるのにもいつも苦労しています。

一方でトップ経営者は、会社がまだ小さい頃から広報をうまく活用しています。その結果、会社や商品の知名度は上がり、良い人材が向こうからアプ口ーチしてくれるだけでなく、販促活動や営業活動も効率良く行えています。

普通の経営者は、常に資金繰りに頭を悩ませています。注文がそこそこあって、無駄遣いをしているわけでもないはずなのに、なぜかいつもキャッシュフローがギリギリです。

「来月の家賃が払えるだろうか?」「給料が払えるだろうか?」と、夜もなかなか寝付けないこともしょっちゅうです(それに、「今月乗り越えた」と思っても、また次の月の中頃には、同じことの繰り返しです…)。

一方、トップ経営者は、財務諸表や細かい数字を読んだり、それを学ぶことに時間をかけたりしませんが、常に十分なキャッシュフローを作っています。それだけでなく、社員もお金の流れを気にしながら仕事をしているので、社員が事前に問題に気付いて改善することもあります。

・それは、本当に経営者の仕事ですか?

普通の経営者は、どうやったら社員がもっと積極的に仕事に取り組んでくれるだろうか?といつも考えています。

よかれと思って、モチべーションを上げるために成果報酬制度を導入してみても、 効果があるのは一瞬だけ。すぐに元の状態に戻ってしまうだけでなく、よかれと思って導入したのに、成果が数字に表れにくい部署の社員のモチベーションを逆に下げてしまう、なんてこともあります。

トップ経営者は、従業員は自らモチベーション高く進んで働いています。その結果、状況によっては部下が上司や社長に代わってリーダーシップを取るなんてことも日常茶飯事です。

普通の経営者にとって、人材確保は常に頭の痛い問題です。良い人材を確保しようにも、小さな会社にはなかなか良い人が来てくれません。来たとしても、すぐに良い条件の会社に行ってしまいます。

また、採用活動にコストをあまりかけることができないため、ハ口ーワークで採用したけど、結局あまり使えなかった、、、なんてこともよくあります。

一方、トップ経営者は、会社がまだ小さい時から優秀な人材をどこからか確保してきます。その結果、少数精鋭で、少ない人数でも最大限の結果を出し続け、短期間で成長していきます。結果として、良い人材が更に集まってくることになります。

スクリーンショット 2016-05-11 13.57.17

いったい、この違いはどこから生まれてくるのでしょうか?それは、、、

スクリーンショット 2016-05-11 14.00.55

 

そもそも、考えてもみてください。

・トップ経営者はあなたの10倍働いていると
思いますか?

あなたの会社の10倍、あるいは100倍の売上の会社の社長は、あなたの10倍、100倍働いているでしょうか?違いますよね。それどころか、逆の可能性ですらあります。

ということは、やっている仕事の内容が違うということです。つまり、トップ経営者は普通の経営者とは違う視点を持って、 違う仕事をしているのです。

ほとんどの経営者は、能力があり、自分である程度できてしまうために、何でも自分でやろうとしてしまいます。しかし、トップ経営者は、自分がいなくても、従業員が自ら動き、会社が自動的に成長する仕組みを作ることに注力しているのです。

僕は、これを「自律した会社」と呼んでいます。

• では、どうすれば「自律した会社」を
作ることができるのでしようか?

「自律した会社」を作るために、あなたはあれこれと難しいことをする必要はありません。それよりも、重要ないくつかのことを繰り返し改善した方が高い効果が得られるのです。何事にも成功させる重要なコツ、ポイン卜がいくつかあります。それを押さえておけば、まず間違いないというポイントです。

例えば、料理の味は、そのメインとなる2つ、3つの材料で味が決定します。調昧料 の分量を多少間違えたところで、味が大きく変わることはありません。 そして、それは会社経営にもあります。

それが6つの分野、つまり、人事・組織、リーダーシップ、 財務、広報、マーケティング、そしてセールスです。

この6つのことを、繰り返し繰り返し改善していけば会社は自動的に回り、そして加速度的に成長していくのです。

しかし、こういった実践的な社長の実務を体系的に教えてくれる人があなたの周りにはなかなかいないのではないでしょうか?

社員なら上司や社長に聞けばいいかもしれませんが、社長はそういうわけにもいきません。相談できる人も限られているでしょう。 巷には、有名な経営者の書いた本があふれています。

しかし、それらのほとんどは観念的なことであったり、哲学的なことであったりすることが多く、彼らが実際に日々どんなことをしているのか?その実務について詳しく解説していることはありませんよね。

では、どうすればいいか…?

それが、今回「トップ経営者養成講座」を作った理由です。このプログラムは、年間120万円を支払っている僕の会員様に、トップ経営者がすべきことを徹底的に教えた特別なセミナーを収録したものです。本来であれば、会員様以外は手に入れることができませんが、今回は特別に一般公開することにしました。

それがこれです。

スクリーンショット 2016-05-11 14.10.43

このプログラムでは、経営者のすべき仕事を6つに分けて、日々何をすればいいのか?トップ経営者が実際にやっている、会社を自動的に成長させるための具体的な方法を解説しています。

それでは、その中身をお話しましょう。

【セッション1:人事・組織】

1人でビジネスをするのは、例えどんなに優秀でも売上数億円が限界ではないでしょうか。もしあなたが、売上10億円、100億円規模のビジネスを目指すなら、優秀な人材に助けてもらわなければいけませんよね。

経営者にとって最も大事な仕事は、優秀な社員を採用し教育すること。あるいは、いい人に関わってもらうことなのです。 そして、採用と教育のうち、圧倒的に重要なのは採用です。

例えば、野球を考えてみましょう。同じ道具、同じグラウンド、同じルールで闘っても、プレイヤーがプロ野球選手のチームと、少年野球の選手のチームの対戦では、結果は決まっていますよね?

つまり「誰をチームに入れるのか」、「誰を船に乗せるのか」ということで、結果は大きく変わってくるのです。

また、いい人材は「勝手に」育つため、教育に悩むこともありません。 いい人材を採用するための最初のステップは「どんな人が欲しいのか?」を明確にすることで す。そうでなければ、高学歴、経験の長さ、人当たりの良さなどでついつい採用してしまい、失敗してしまいます。

そして、次に大切なのが教育です。良い人材が入ったらそれで終わりではありません。どんなに良い人材でも、パーフェクトな人はいません。できないことができるようになることが成長ですから、 社長はそのために常に人を育て続ける必要があるのです。

このセッションでは、小さい会社が良い人材を確保する方法から、自発的に動く人や組織の作り方、教育の方法を学びます。

 

「うちは小さいから、いい人材なんて来ないよ…」

と、僕が接してきた多くの経営者の方は、口をそろえて言います。

もしあなたが、同じように思っているのなら、きっとこのセッションは大きなブレイクスルーになるでしょう。

なぜなら僕は、年商3億円の無名化粧品会社に優秀な人材を次々に巻き込んで、巨大企業を作り上げた経験から、小さい会社が優秀な人材を獲得する方法をお話しできるからです。

■あなたは人事採用でこんな間違いをしていませんか?

■人を選ぶときに必ず失敗する3つのパターン。
(あなたは「面接が上手い人」を採用していませんか?あなたは「よく働きそう」「真面白そう」「積極的そう」な人を採用したいと思っていませんか?)

■「自分の会社は小さくて有名でもないから、いい人材が来ない」
・・・だったらこの方法を使ってください。小さい会社が理想の人材を手に入れるベストな方法。

■いい人材に備わっている3つの素質と、それをいっぺんに見極める質問法!

■さらにこの5つのポイントをチェックしてください。
これで、人材選びで間違うことはほぼなくなるでしょう。

■面接や面接の前後でチェックする「所作」や「行動」とは?
・・・こちらからの質問や、相手の返事の内容は、実はあまり関係がありません。なぜなら、それらは前もって「準備」「練習」ができるからです。

■「すぐに辞める予定の人」こそ、絶対に採用すべきです。なぜでしょうか?

■ハ口ーワークから紹介される人材のうち、採用してもいい唯一の人材とは?
この条件に当てはまらないなら、採用すべきではありません。ただし、ハ口一ワークから紹介されるほとん どの人材は、この条件に「当てはまらない」ので注意してください。

■人材紹介会社にかかるトータルコストを下げて、優秀な人材を短期間で採用する方法。

■自分のビジョンが明確な人は会社に入ってもモチべーション高く自発的に行動します。では、 面接でどうやってそれを見極めるか?ビジョンを明確に持っている人を見極める、3つの有効な質問。

■人材選びが最も重要です。しかし、もし間違った人を採用したら、、、クビにする前に社長がやるべき2つのこと。

どんな社員でも、目標設定が確実にできる4つのステップ。さらにもう1つのことをすることで、社員は今やることが明確になり、目標設定しただけで行動せずに終わり、なんてことはなくなります。

■会社の行く先が見えなければ社員はついてきません。逆に行き先が明確であれば、社員は自らそこに向かって動き出します。では、社員が会社の理念やビジョンを明確に理解するだけでなく、社外でもしゃべりたくなってしまうちょっとしたコツとは?

■スカイツリーに見る、社長がいちいち確認しなくても、漏れや抜けなく成果を出せるプロセスの作り方。

■社員が多くなるとムダな会議も増えがちですよね?必ず結論を出すことのできる、池本式会議の進め方。

■いい人を採用し、教育もした。これでOKですよね?残念ながら違います。「自律した会社」 にするために経営者がすべきもう1つのこと・・・

【セッション2:リーダーシップ】

どんなに立派な経営戦略も、どんなによくできた計画も、実行する人がいなければ無意味ですよね?

このセッションでは、人を動かすリーダーシップを身につける方法。他人への影響力を強める方法。従業員一人ひとりにリーダーシツプを発揮させて強い組織を作る方法を学んでいきます。

モチベーションの問題、コミュニケーションの問題はこれで解決できるでしょう。では、その内容は、、、

■人を遠ざけてしまう、最悪の2つの行動とは?
(もしあなたが、この2つの行動のうち1つでも しているなら・・・リーダーシップを発揮してチームを引っ張ることはできません)

■チームの中に、いつも仕事で失敗ばかりする、いわゆる「できない人」がいた場合・・・厳しい言葉で叱るべき?優しい言葉で接するべき?

■他人への影響力を高める、2つの習慣とそのトレーニング法。

■あなたは、自分には他人に影響力を与えるような人間力はない、などと思っていませんか?だったら、こう考えてみてください。一瞬で自分の人間力に自信を持てるようになるでしょう。

■リーダーシップを発揮するべきなのは社長だけではありません!社員一人ひとりが必要です。では、どうやったらリーダーシップを持つ社員を増やすことができるのか?その、2つのポイン卜。

■他人に治して欲しい点がある場合に、とるべき行動とは?
(傷つけずに、怒らせずに)

■やる気がない人への2つの対処法

■リーダーの資質がない社長のタイプとその対処法

■社員との信頼関係を築くために最も効果的な方法。
ほとんどの社長はこれができていないばかりに、なかなか社員との信頼関係が築けずに悩んでいます。

■仕事はできるが、感情的にぶつかる社員への対処法。

■あなたにとって最適なメンターの選び方。

■自己規律のある経営者に、社員はついてきます。ではどうすればそんな人物になれるのか?この5つのことを、徹底してください。

■積極性があるからリーダーシップがあるとは限りません。なぜなら、積極性には2面性があるからです。ニセの積極性を見極めるポイントとは?

■リーダーには感性の高い人が多いですよね。では、どうやれば感性は磨かれるのでしょうか?この頻度を、増やしてください。そうすれば、自然と感性は磨かれていきます。

■集中力を高めるための3つのステップ。

■超一流と一流を分ける3つのポイン卜。

■強いチームを率いるリーダーの言葉の使い方。この3つをチェックすることでチームはあなたの意図する方向へ自ら動いてくれるでしょう。

■強い組織を作るための4つのステップ。

【セッション3:社長と会社のお金の話(財務)】

財務と聞くと「めんどくさそう」と思われる方がほとんどです。

しかし、社長が身に付けておくべき財務のスキルとは、あの難解な決算書が読めることではありません。むしろ、社長が経理の細かい数字を読んだり、それを学ぶことに時間を使うべきではありません。

なぜなら、そもそも決算書とは税務署や株主のために作るものであって、実際の経営の健康状態には即していない場合があるからです。

きちんとした方法で会社の状況を把握しておかないと、決算書上では利益が出ていても、資金がショー卜するという、いわゆる「黒字倒産」にもなってしまいます。

このセッションでは、シンプルな4つのポイン卜だけを押さえることで、事業を成長させるためのツールである「お金」をきちんと管理する方法を公開します。

■なぜ、財務を把握するために専門知識は不要なのか?僕のクライアン卜様の中でも、飛び抜けて儲かっている3つの会社の社長に共通する、お金に関するある能力とは?

■「キャッシュフロー管理」で見るべき2つのポイント。

■社長や担当者だけでなく、社員全員が会社のお金の流れを把握しておくべき理由と、その3ステップ。

■お金の流れを把握するために必要なのは、金額だけではありません。この数字を出すことで、よりお金の流れが明確に把握できるようになります。

■借金よりも効果的。小さなビジネスが、お金を集める効果的な方法!

■税理士に任せるべきことと任せてはいけないこと。
これを間違ってしまうと経営判断を間違ってしまいかねません。

■売上計画を立てるために、先に出しておくべき3つの利益。

■いくら借金すればいいのか?いくら投資にまわせばいいのか?いくらまでなら出資できるのか?会社のお金に関する真実とは?

■最もリターンが大きいオススメの投資先。
(事業が儲かって利益が出ると、それを投資にまわすことで更なる利益を生むだけでなく、収入源が分散し、リスクの分散にもなります・・・プラス、利益から何%を投資に回すべきか?)

■コスト感覚を身につけるための簡単な方法

■多くの経営者が忘れてしまいがちな「お金」と「時間」の関係。お金と時間は切っても切れない関係にあります。

■あなたの給料は社員の何倍ありますか?社長が社員の10倍の給料を取るべきその理由とは、、、

資金調達法

■経営規模を拡大するためには借金はすべきか?その答えと理由。

■銀行の担当者が最も重要視しているポイント(それは、数字達成や返済の根拠ではありません。計画の実現性でもありません。「いくら借りたいのか」でもありません…)

■専門家にはいくら支払うべきか?

■あなたは、会社の売上を爆発的に飛躍させるためには、資金が必要だと思っていませんか?
・・・実はそれは間違っているのです。爆発的に飛躍させるために最も必要なものは、大金でも、優秀な人材でも、セールスやマーケティングの技術でも、商品力でも、設備でもありません。JVやアライアンスでもありません。すべてがムダにならないように、まずこれが充分にあるかどうかを確認してください!

【セッショシ4:広報・メディアリレーション】

会社を大きくするためには、単純に「認知度」を高めなければいけません。要するに露出を高めて有名にならないといけないのです。

多くの人に知られるということは、単に宣伝効果があるだけでなく、会社としての信用度も上がります。特に、一度でもメディアに掲載されれば、その掲載実績は、ずっと会社の信用度を上げてくれます。

このセッションでは、無料でメディアに掲載してもらい、一気に認知度を上げるPRの方法と、メディアとの関係作りの方法、広告の反応が劇的に下がっている現在の、効果的な広告宣伝のノウハウが学べます。

■メディア記者の「弱点」を突いて、PRさせてもらうちょっとズルい方法
(流行の発信者であ るメディア記者が、ブームや社会現象を「知らない」のはまずいですよね。そこを突くのです・・・)

■取り上げられるプレスリリースに含まれるべき2つの条件。この2つがなければ、メディアはあなたのプレスリリースに見向きもしないでしょう。

■本や雑誌に取り上げてもらいたいとき、まずすべきことはこれです
・・・ステップ1:対象の本や雑誌を買ってくる。ステップ2:裏を見て、編集部に電話をする。ステップ3:ある数字を聞き出す。最初の電話で、自社を売り込んではいけません。

「プレスリリースを書くのは難しい」と思っていませんか?

では少し、取り上げられるプレスリリースを書くポイントをお話しましょう。それは「自分が、そのメディアの編集者になったつもりで記事を書く」ということです。

メディアの傾向を知って、受け取った記者が「そのまま記事として掲載できそうだ」と思うようなものを書くのです。

■記者が探しているネタ。ベスト8!
このネタをもとにプレスリリースを書けば、取り上げられる確率が格段に上がるでしょう。

■注意!メディアに掲載されてはいけない3つのパターン。
どんなにたくさんのメディアに取り上げられても、この3つをやってはいけません。

■「暇ネタ」としてあなたのプレスリリースを使ってもらう方法。
(知っていましたか?記者が 記事に困った時、スペースを埋めるためのネタが「暇ネタ」です。あなたのプレスリリースを 高確率でタイミングよく記者が記事に困ったときに届ける方法!)

■ネットでプレスリリースするときの6つのチェックポイント

■どうせならたくさんの人に読んでもらいたいですよね?だったら、いきなり全国紙を狙ってはいけません。小さなメディアからスター卜して、やがて全国紙でも取り上げてもらえるようになる方法。

■どこにプレスリリースを送ればいい?メディアリスト入手法!(広告代理店の命とも言えるメディアのリストを1,800円で入手する方法)。

■プレスリリースをやりたいけど、ちょっと敷居が高い?めんどくさそう?
・・・それなら、この無料でプレスリリースを掲載してくれるサイトから始めてください。ほぼノーチェックで、 あなたの会社のプレスリリースを掲載してくれます。

ただし、、、無料だからといって、軽く見ないでください。一度載ってしまえば、それを信頼性アップのために使うこともできますし、そこから「メディア連鎖」が起こり、大きなメディアへと広がる可能性があります・・・

■雑誌や新聞だけではありません。テレビもいつもネタを探しています。ただし、テレビは他のメディアとはちょっと違います。テレビで取り上げてもらうための4つのポイント。

■ほとんどの会社がやっていない、掲載確率を上げる簡単な方法。
たったこれだけのことで、あなたの会社の掲載確率はグンと上がります。

■メディアのトップニュースに共通するある1つのポイント。
もし、あなたのプレスリリース がこれを押さえていれば、ひょっとしたら、、、

■本当にそこまでやって効果あるの?驚くべきプレスリリースの広告効果。

■インターネットを使ってPR効果を加速させる4つの方法。

■ニュースになりやすいネタ。ベスト5!

さらにこのセッションでは、
「広告を成功させる3つのポイン卜」などの
広告戦略も公開されています。

■ライバル他社の出している広告先を、簡単に調べる方法
・・・プラス、そのライバル他社の広告効果を高確率で調べる方法!

■常に広告をヒットさせ続ける方法!
・・・せっかくいい反応の出る広告が作れても、同じメデ ィアに同じ広告を出し続けると、効果は下がってきますよね。そんなときは、この方法を使ってください。

■注意!中小規模の会社が決して出してはいけない広告があります。それは、、、

■広告でテストすべき3つの要素。

■広告はコスト回収が難しい?だったらこの2つのアイデアを使って、リピー卜注文を促してください。すぐにコストを回収できるだけでなく、利益も大きくなります。

■広告の反応を高めるための8つのクリエイティブ作成アイデア。

■広告するお金がないときの広告戦略。

【セッション5:マーケティング】

きっと、これは、あなたにとって最もテンションの上がるセッションになるでしょう。なぜなら、ここで話しているのは「具体的に売上と利益を大きく増やす方法」だからです。

僕にとってのマーケティングの定義は「見込客を集め、消費行動が継続的に発生する仕組みを科学的に構築すること」です。

このセッションでは、あなたの会社に「儲かる仕組み」を作る方法をお話します。

すぐに実行したくてたまらなくなるような、ワクワクするようなアイデアが、たくさん湧いてくることをお約束します。

例えば、こんな内容です。

■自動的に儲かる仕組みを作るために、知っておくべき5つの数字
・・・その数字を使って利益を最大化する2つの方法。

■顧客獲得にお金がかかる?それなら、この2つの施策を実行してください。スグに10%、20%、 30%のコスト削減が実現できるでしょう。

■従業員の給料を上げるとモチベーションが上がり、生産性が上がる・・・そう思っていませんか?
・・・残念!!間違いです!なぜなら、昇給によるモチベーションアップは、一時的な効果で終わってしまうからです。

■最も効果的な「人時生産性」方式とは?

■「3つの指標」を使って、従業員があなたの指示がなくても、コストを減らし、売上を増やし、利益を出す方法。

■買う気がなかったのに、気付いたらあなたからつい買ってしまう
・・・売上や利益に直結する 接客の際の大事なポイント!

■お客さんは、あなたとあなたの競合の商品とを常に比較検討しています。では、その中でどうやって競合を打ち破って注文を獲得するか?

重要なのは、商品の説明の仕方ではありません。お願いすることでもありません。では、その時にいったい何と言えばいいか?あるエステサロンで は、これを徹底することによって、予約率が20%アップ、アップセルは30%アップ、そして リピート率もアップしました。

■難しい営業トークはできない?だったら、この一言だけ最後に加えてください。たったこれだけのフレーズで、お客さんの印象に残り、そして売上アップにつながる可能性が高くなります。

もう1つ、この一言も付け加えてください!商品の信頼性が上がり、更に購入の確率が高くなります。

■もしあなたが、今ネットだけでビジネスをしているなら、もしかしたら売上アップの大きなチャンスを逃しているかもしれません。なぜなら、、、

■商品に特徴もないし、競争も激しくて売りにくい?だったらこれをやってみてください。あなたが「当たり前」と思っていることを、逆に商品にして集客率をアップさせる方法。

■あなたは、遠くのお客を追いかけてばかりいませんか?実は、最もあなたの商品を買い、ファンになり、口コミや紹介を起こしてくれる人はもっと近くにいます。しかも、彼らに買ってもらうまでの方法はとても簡単でシンプルです。

■芸能人がよく通う店の店内にヒントを得た、セレブを使って集客を増やす方法。「有名人に知り合いなんていない」とあきらめるのは早すぎるかもしれません。

■マーケティングの話とはちょっと違うけど、明日からすぐできる超実践的な2つの売上アップのテクニック。

■注意!商品や店の名前を考えるときに、この条件だけは必ず満たしてください!

「アライアンス」でコストをかけずに新規客を獲得し、
短期間で売上をアップさせる方法

アライアンスは、短期間で爆発的に売上を伸ばすための僕が最もおすすめする方法の1つです。

ただし、今まで経験のない人にはどうやって進めればいいのか?分からないことも多いと思います。でも、実はその方法はポイントさえ押さえておけば、それほど難しいことではありません。それは、、、

■アライアンスの提案を魅力的にする7つのポイント。
これを押さえておけば、提案先のパートナ一候補は、嫌でもYESと言わざるをえなくなります。

■提案前のハ一ドル「アライアンスパートナーをどうやって見つければいいか?」を解決するコストのかからない2つの方法。

【セッション6:セールス】

営業マンがセールスをする。インターネットやセールスレターでセールスをする。あなたの会社がどのように販売活動を行っているかは分かりませんが、どちらにしても、セールス(販売)は、会社の活動の中でも最も重要な仕事ですよね。商品やサービスが売れなければ、それ以外の活動はすべて無意味ですから・・・

このセッションでは、どうすれば、もっと効果的にセールスをして売上を増やすか。その方法を公開しています。

僕は以前「生命保険」というとても売りにくい商品を販売していた経験があります。しかも、僕自身が販売するのではなく、代理店のエージェン卜として、営業マンを「使う」立場で、間接的な営業で販売してきました。

つまり、このセッションで僕がお話しするのは、人に成果を出させる 「従業員の営業成績を上げる方法」です。単なる、営業テクニックではありません。

■売れない営業マンが犯している最大のミス!
・・・彼らは自分では気が付かないので、あなたが教えてあげてください。いくら技術を磨いても、知識を付けても、ダイレクトレスポンスを駆使して見込客を集めても・・・全くのムダになります。

■なぜか売れる営業マン。なぜか売れない営業マン。その違いとは?

■営業のコミュニケーション6つの手順
・・・最初の2ステップは、お客さんに「会う前に」行うよう指導してください。

■間違いだらけの営業マンのセルフマネジメン卜

トップ営業マンのスキルを複製して、
部下やメンバーにたくさん売ってもらう方法

もしあなたが社長なら、あなたのスキルを従業員にコピーすることができます。他にスーパーセールスマンがいるなら、彼のスキルをコピーすることができます。

もちろん100%完壁にコピーできるわけではありませんが、この方法は、かなりの「スキルの底上げ」になります。

■スキルをコピーするために共有すべき、2つのノウハウとは?

■他社と差がない商品のセールス法!
・・・まずUSPを作りましょう。まず差別化しましょう。 そんな、ありふれたアドバイスはしません。

なぜならモノやサービスがあふれる現在の状況において「似たような商品」がたくさんあるのは当たり前だからです。商品を全く変えず、もちろん値下げもせず、更には他社商品の方が優れていたとしても・・・

■お客の信頼を勝ち取ってしまう方法!

■お客がモノを買うときの4つの気持ちを知って、セールスを有利にする方法

■相手を自分の思うように行動させる6つのステップ。

■セールスに必要な能力。トップ3
・・・営業トークや商品知識は、1番の能力ではありませ ん。話す能力や各能力でもありません。

■新規のお客さんに接する時、使うべきコミュニケーションの手段とは?

■なぜ、普通の口ールプレイングは意昧がないのか?ロールプレイングでチェックすべき唯一のポイント!(営業経験者にとって、「ロールプレイング」はあまりモチベーションの上がる言葉ではありませんよね?むしろモチベーションは下がるし、嫌な気分になるかもしれません。

しかし、それは「やり方」が間違っていたからです。この3つのステップで、実りある口ール プレイングを実施してください。(プラス:営業マンたった一人でロールプレイングをする方法!)

■高額商品のクロージングの真実。その場でク口ージングしてしまった方がいい?それとも、数日、考えさせてあげた方がいい?

■あなたは接客で、こんな間違いをしていませんか?お客さんに嫌われる3つのこと。

■お客さんに、あなたの商品やサービスを提案する前に必ずやっておくべき3つのプロセス。

■デキる営業マンの会話は、とてもシンプルで分かりやすいものです。では、どうすれば会話をシンプルにできるのか?この“KISSの原則”を使ってください。

■ニュースキャスターも必ず使っている、話の内容を相手に確実に理解させるための“PREP法”

いかがでしょうか…?

あなたの会社を加速度的に成長させ、10億円、100億円レベルの会社にするのにとても役立ちそうな内容だと思いませんか?

実際、このトップ経営者養成講座に参加した方達は、この内容にとても満足されています。(「お客様の声」は、このページの1番下にあります。)

それでは、このプログラムの価値はいったいどれくらいなのでしょうか?

すでにお伝えした通り、このプログラムは、年間120万円を支払ってくれている僕の会員様向けに行ったものです。ここまで、僕が本格的に経営について話すことは滅多にありません。

5回で300万円。年間2,400万円。5年で5億円・・・これは、僕が実際にクライアン卜様からいただいているコンサルタントフィーです。「高い!」と思われたでしょうか?しかし、それでもコンサルの依頼が後を断ちません。

なぜか?それは、それを上回るだけの結果を出すことができているからです。

正直に言って、このプログラムの内容を僕の時給に換算するととんでもない金額になってしまいます。しかし、今回はそれをたったの197,000円(税抜)でご提供することにしました。

このプログラムに収められている方法を、1つか2つ選んで実際にやってみてください。それだけで も、この金額はすぐに回収できるでしょう。

例えば、マーケティング講座で紹介している、工ステサロンの予約率を20%アップさせた方法 あなたのビジネスに使ってみてください。もしその方法であなたの受注が20%増えたら、、、元の受注額が300万円であったとしても60万円のアップになります。しかもそれは、1回限りの効果ではなく、使うたびに利益を生み出してくれるのです。

良い人材を探しているなら、人事・組織の講座で紹介している面接のテクニックを使ってみてください。

今までよりも良い人材を獲得できる確率が飛躍的に高まるはずです。もし、あなたの会社の商品をガンガン売ってくれるような優秀な人物が1人入ったらどうでしょうか?

あなたの代わりに会社の業務を回し、改善してくれる人物が1人入ったらどうでしょうか?あるいは、優秀な人材をど んどん探してくれる、優秀な人事担当者が1人入ったらどうでしょうか?

それによってもたらされる会社の売上、利益は、1000万円、2000万円の話ではありませんよね。

逆に、もし間違って 「はずれ」の人材を雇ってしまったら、、、その損失は決して小さくはありません。一般的には、 間違った人材採用は年間600万円ほどの損失と同じと言われています。

197,000円(税抜)の投資が、合理的なのかそうでないのか?あなたには、わかるはずです。 しかし、そうは言っても、実際にこのプログラムを見て、試してみないと効果が実感できないと思う気持ちも理解しています。

それに、あなたには、このプログラムからできるだけ多くの方法を試して実際の結果を出していただきたいと思っています。

そこで、、、 今回はちょっと特別な保証をお付けしようと思います。それが、これです。


6カ月の特別業績アップ保証

もしあなたが期待するような結果が得られなければ、全額返金。
6ヶ月経過してから6ヶ月間、返金を受け付けます。


これから6ヶ月間、このプログラムを見て、そしてその内容を実践してください。

プログラムは、全部で6つのカテゴリーに分かれているので、それぞれ1週間かけたとして、最初のサイクルは6週間で終わるでしょう。1サイクル目から、徐々に効果が実感できるはずです。

従業員のモチべーショ ンが少しずつ上がっているのを感じたり、リピー卜注文が少しずつ増えてくるのを感じたりするかもしれません。そして、そのサイクルを数回繰り返してください。6カ月間(24週間)なら4サイクルほど回すことができるでしょう。

そして6ヶ月後、もしあなたの期待した結果が得られなかったとしたら、、、このプログラムを返品してください。全額返金いたします。 通常の保証期間は、30日程度が普通です。

では、なぜ今回このような保証にしたのか?それは、このプログラムを1回だけ見て、少し実行して終わりにしてほしくないからです。

実際に見ていただくと分かると思いますが、1枚目のDVDの最初の10分だけでも、あなたのビジネスに使えるノウハウをいくつか見つることができるはずです。見つけたら、すぐに実際にあなたのビジネスで試してみてください。そして、またDVDを見て、使えそうな方法を見つけて試してください。

これは、勉強するためのプログラムではありません!

重要なことなので、お話しておきます。

このプログラムは勉強するものではなく、実際に使って試すものです。順番に見る必要もありませんし、すべてを最初から見る必要もありません。あなたの必要なときに、辞書のようにして使ってください。そして、何度も繰り返し使ってください。

本当に結果を出すために大事なことは、300の新しいことを覚えることよりも、本当に重要なことを300回繰り返すことです。勉強するのではなく、実行してください。

そして、あなたが実行に移しやすいよう、お話しています。 さあ、これであなたのお金のリスクも時間のリスクも取り去りました。あとは、実践するだけです。 しかし、、、 

ちょっと待ってください。まだあります・・・

トップ経営者が必ず、と言っていいほど身に付けている条件があります。それは、、、「素早い決断力」です。なので、今回、このプログラムへの申し込みをいち早く決断された方には、特別な特典をお付けすることにしました。それは、、、

スクリーンショット 2016-05-11 15.20.01

 


■無料ボーナス特典1

池本克之のグループコンサルティング レギュラー1回参加権

9万8,000円(税抜)相当


僕が毎月行っている、月額9万8,000円(税抜)のグループコンサルテイングに無料で参加することができます。

これは、参加メンパーが毎回課題を持ち寄り、僕がそれぞれ30分程度でその課題を解決するものです。あなたが抱える課題や悩みに対して、単なる理論ではない、的確な解決策を提示します。

また、当日は他の参加者の方への僕のコンサルテイングも見ることができます。他社、異業種の事例は、同じ業種では決して出ないアイデアであることが大半です。そして、そのアイデアこそがビジネスを更に飛躍させるヒントになるはずです。

更には、そういった企業とのJVなどが生まれるチャンスもあるでしょう。実際、すでにいくつかのメンバ一同士のJVがスター卜しています。


■無料ボーナス特典2

事業構造ワークショップ1回参加権

10万円相当


僕が、実際に商品として販売している事業構造ワークショップ(約10万円相当)に、無料で参加することができます。

事業構造ワークショップというのは、現在のあなたの会社の事業構造が一体どうなっているのか?どのような構造になっているのか?というのを改めて見直し、最適な事 業構造にしていくためのワークショップです。

それにより、儲かるべくして儲かる事業構造をつくることができます。今までなら、朝から晩まで一生懸命働いているのに、どういうわけか売上が上がらない、成果が出ないと感じていたモヤモヤがスッキリとクリアになります。

また、今いるスタッフにも自社の事業構造を正しく共有できるようになるので、あなただけが走り続けているという状態がなくなります。 あなたは、今の事業の方向性が分かり、やるべきことが明確になります。そして、正しい事業構造を構築し、ビジネス全体がうまく回るしくみを作れるようになります。

スクリーンショット 2016-05-11 15.27.36

いかがでしょうか?

これらの特典は、実際に販売しているものだけでも総額で約20万円にもなります。ということは、つまり、これだけでもトップ経営者養成講座の代金はペイしてしまうのです。

しかも、もしあなたが、このプログラムで期待する結果が得られずに返品するとしても、これらの特典の権利は消えることはありません。そのまま、あなたのものです。

5年後も今と同じ状態でいいですか?それとも・・・

あなたは経営者として、今までにも会社の業績を少しでも改善しようと、あらゆることを試されてきたはずです。ビジネス書を片っ端から読みあさったり、セミナーに参加したり、高額な教材を買ったり・・・

しかし、それであなたの会社の業績は良くなりましたか?売上はアップしましたか?家族や従業員に「もうちょっとの辛抱だから。もう少ししたら、楽になるから」と言って何年経ちましたか?

もし以前と状況が変わっていないとしたら、、、5年後もそのままである可能性はありませんか?

であれば、今までとは「違う」ことをしなければならないということなのかもしれません。それも、あなたが今まで知らされていなかったトップ経営者がやっていることを・・・。このプログラムでは、トップ経営者だけが知る「実践的な経営者の実務」について体系的に学べるようにしています。

大きい会社を作る秘訣とは?

最後に1つ、とっておきの秘訣をご紹介しましょう。

これを知っていれば、大きい目標を達成することはとても楽になります。 実は僕は「100億円の企業を作ろう!」と思いながら、上場できるような大きな会社(ドクターシーラボやネットプライス)の経営をしていたわけではありません。

100億円の企業を目指していたから、100億円の企業を作れたわけではないのです。そうではなく、僕はここでこの「秘訣」を使っていました。それは、、、 「1,000億円の企業を作ることを目標にする」 ということです。

自分が実際に達成したい目標よりも、はるかに大きいところに目標を置くわけです。そうすれば、今のビジネスの単なる延長ではなく、必然的に大きい視点、広い視野で、自分のビジネスを見つめることになります。自分自身のレベルは上がり、物事を大きく考えられるようになります。

そうしていくと、いつの間にか、売上は何倍、何十倍にもなっていきます。僕の場合は3年で、年商は40倍の120億円にまで成長していました。

あなたの目標が、何億円の会社を作ることなのかは分かりませんが、120億円の会社を作った視点を学ぶことは、あなたのビジネスに大きな影響があると思いませんか?あなたのビジネスを、 そして経営者としてのあなたを、次のステージに引き上げれると思いませんか?

あなたはきっと、このプログラムが、よくある「お金儲け」のプログラムでないことは理解しているでしょう。単に「食っていければいい」というような、野心のない人のためのものでもありません。せっかく会社をやっているんだから、せっかくここまで来たんだから、せっかく生まれてきたんだから、たった一度きりの人生なんだから、

デカイことをやってやろう!

という、野心家のためのプログラムです。

社会にインパクトを与えたい!業界を揺るがすようなドデ力イことをやってやりたい!人の記憶に深く刻まれるような、偉大な価値を提供してやりたい!そんな方のためのプログラムです。

あなたが会社を立ち上げてきたのか、あるいは何らかのきっかけで、経営者になったのかは分かりませんが、あなたは他の人とは違う、特別な能力を持っています。 ビジネスに対する情熱。チームをまとめる力、行動する力。責任感。 どれも、他の人よりもはるかに優れた能力です。

そのあなた自身の能力を、才能を、どう活かしますか?限界に挑戦してみませんか?もう一段上のステージに行きませんか?

関わる人全員が、最高の価値を受け取れるような素晴らしい企業。あなたは、それを作る能力があります。そして、それを作ることは、あなたの「責任」じゃないかと思ったことはないですか?

僕に、そのお手伝いをさせてください。

きっとあなたは、今までも「良さそうなもの」は積極的に試してきたことだと思います。そして、その素早い判断力が、今のあなた、今のあなたの会社を支えてきたのでしょう。

選択肢は無数にあります。 このプログラムを試してみるのも、試さないのも、あなた次第です。 しかし、もし迷っているなら、ぜひ試してみてください。あなたにリスクはないのですから・・・

【早期申込ボーナス特典】

①池本克之のグループコンサルティング レギュラー1回参加権
②事業構造ワークショップ1回参加権

ここをクリックしてTOP経営者になる!

PS
このプログラムに参加した方の「お客様の声」を、ご紹介します。

「ゼロから1を作り出す方法を体系的に学べる」

「シナジー効果を狙って
あらゆる企業とアライアンスを組みたいと思います」

「会社のメンバーと共有していかなければいけないと
いうのに気付いた」

「非常に得るものが多かった」

「一方向に偏らず総合的に知識を得られた」

「今まで気付かなかったことに
たくさん気付くことができた」

PPS
この「TOP経営者養成講座」DVDは、在庫がなくなり次第終了します。また、今後の再生産の予定は、ありません。

ここをクリックしてTOP経営者になる!